2009-04-28

むか?し、むかし

お仏壇が出てくる昔話をご紹介します。

「ネズミ経」 (福娘童話集より)

昔むかし、ある山の中に、ひとりのおばあさんが住んでいました。
 おばあさんは、たいへん仏さまを大事にしていましたので、毎日毎晩、仏だんの前で手を合わせましたが、お経のことばを知りません。
 あるとき、ひとりの坊さんがやってきていいました。
「道に迷って困っています。どうか一晩泊めてください」
「ああ、いいですとも」
 おばあさんは、坊さんを親切にもてなしましたが、ふと、気がついていいました。
「お願いです。どうか、お経のことばを教えてください」
 ところが、この坊さんは、なまけ者で、お経のことばを知りませんでした。
 でも、坊さんのくせにお経を知らないともいえないので、しかたなしに仏だんの前にすわると、なんといおうかと、考えました。
 すると、目の前の壁の穴から、ねずみが一匹顔を出しました。
 そこで坊さんは、
「ねずみが一匹顔出したあー」
と、お経の節をつけていいました。
 すると今度は、二匹のねずみが穴から顔を出したので、
「今度は、二匹顔出したあー」
と、坊さんは、いいました。
 さて、つぎになんといおうかなと、考えていると。
 三匹のねずみが穴から顔を出して、こちらを見ています。
 そこで坊さんは、
「つぎには、三匹顔出したあー」
 大きな声でいうと、三匹のねずみは、びっくりして穴から逃げ出しました。
 そこで、
「それから、みんな逃げ出したあー」
 坊さんはそういって、ちーんと鐘を鳴らしていいました。
「お経は、これでおしまいです。すこし変わったお経ですが、大変ありがたいお経です。毎日、今のようにいえばいいのです」
 おばあさんは、すっかり喜んで、それから毎朝毎晩、
「ねずみが一匹顔出したあー。今度は二匹顔出したあー。つぎには、三匹顔出したあー。それから、みんな逃げ出したあー」
と、お経をあげました。
 ある晩、三人のどろぼうが、こっそり、おばあさんの家に、しのびこみました。
 ちょうど、おばあさんが、仏だんの前でお経をあげているときでした。
「あの、ばあさん、なにをしているのかな」
 ひとりのどろぼうが、おばあさんの後ろのしょうじから、そっと、顔を出すと、
「ねずみが、一匹顔出したあー」
 おばあさんが、大声でいいました。
「あれっ、おれのことをいってるのかな」
「なにを、ぶつぶつ、いってるんだい」
 もうひとりのどろぼうが、顔を出すと、
「今度は、二匹顔出したあー」
 おばあさんが、また、大きな声でいいました。
「やっぱり、おれたちのことを、いってるみたいだぞ」
「どれどれ」
 三人めのどろぼうが顔を出すと、
「つぎには、三匹顔出したあー」
 また、おばあさんの声がしました。
「うへえっ、あのおばあさん、後ろに目がついているんだ。こわい、こわい」
 三人のどろぼうは、びっくりして、あわてて逃げ出しました。
 そんなことは知らないおばあさんは、また、
「それから、みんな逃げ出したあー」
と、大声でいうと、ちーんと鐘を鳴らして、仏だんに手を合わせました。

おしまい


スポンサーサイト

theme : 独り言
genre : その他

プロフィール

緒方 大輔

Author:緒方 大輔
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード